やたら様変わりした知床五湖に思いを寄せている

北海道の中でも知床半島のトラベルは憧れでした。加藤登紀子や森繁久彌が旅情深く謳いあげた知床は、独身の辺りからのニーズでもありました。嫁入り下、しばらく心の奥底にいたトラベルへの渇望が目覚めたのは、お母さんを喪った局面でした。あり得ないけれど、遠くへ行けば、お母さんに出会えるのではという幻想よりより、弔いから一歩進まねばという心境からでした。北海道についに行ったのは25ご時世前文ですが、印象の強いトラベルになりました。先々、夏場冬場合わせると10数回北海道へ赴き、知床半島は今が4回視線となります。初めての時は、ダディーとこどもと三ヒトでレンタカーを交代で運転しながら知床五湖の発端に辿り着きました。最初湖~三湖まで駆け抜け湖面に思える周りの樹木の美しさに呼吸を呑んだものです。二度目はそのご数年して店舗の同僚の中年4人組で北海道のトラベルです。1湖~5湖まであるくぞとハイウェイ散策で1時間ほどで近く途中にある熊よけの鈴も面白く振りながら軽快な散歩でした。山激しく、独特の感覚はミステリアス自身でさようならまた来るよとその場を離れました。
世界遺産に申請前の事でした。若い時の出来事を胸に今回の北海道へのトラベルでした。想像以上の手配で熊の生息ポイントへ踏み込む人間の結果遊歩道は衝撃でした。もう一度あの神秘の湖面を近くで見ることは出来ない残念モチベーションと入れ替えにこういう高さで見る紅葉に覆われた山の美しさは初めてのパノラマでゆく秋のしっとり様子で、遊歩道のデコレーションに張り巡らしていらっしゃる電柵の線に守られた自然の散歩に時流と熊の生息ポイントを侵そうとしている人間の身勝手を感じました。ボルサリーノの帽子|パナマハット・フェルトハットの魅力

やたら様変わりした知床五湖に思いを寄せている